腐女子インタビュー - 今井ゆうみ

アニメ、マンガ、小説、アイドル、コスプレ etc。BLがスキ、BLは得意じゃない、二次創作しか読まない、創作がスキ。ショタコン、カレセン、男の娘。ほのぼの、エロ、擬人化、女体化。いつそうなったのか、いつか卒業できるのか。男同士の恋愛や青春が大好きな15人の腐女子の、それぞれのコミュニケーション。

《森の中にひっそり咲く薔薇のよう 今井ゆうみ》

今井さんの「フレデリック」というサイトにたどり着いたとき、何か秘密の花園を見つけたようにドキッとしたことをおぼえています。
「耽美」という一言で表すことのできないその素敵な作品は、まるで……(あやゐかをり)

Q. お名前と同人を知ったきっかけ、ジャンル遍歴、創作内容を教えて下さい。
今井ゆうみです。同人を知ったきっかけは小学生の頃に読んだ漫画の描き方本と、あと当時ファンロード、コミックテクノをよく読んでたのでそこから。
ジャンル遍歴は長く続いたものだと幻水→銀魂→テニス→オリJUNE今年になってからはマギとオリジナルです。ずっと漫画を描いてます。
Q.初めて参加したのはどんなイベントでしたか? 何を作りましたか?
幻水のキャラオンリーでした。28pのコピー本です。
Q.イベントとネット上、どちらをメインに活動していますか? メインにしている理由も教えて下さい。
本を作るのが好きなので、オンラインはほぼ告知やらくがき絵程度でイベント活動がメインです 。
Q. イベントには誰と行きますか?
友達と。描き手でも買い専でもないけれど、オタクでイベントに付き合ってくれるのですごく助かります。
Q.イベント参加時、一般参加者の方とどのようなコミュニケーションをとりますか?
スケブをお受けする時、差し入れをくださったり、新刊を買いにきてくださった時に前回の本の感想を簡単に伝えて頂くなどです。
イベント時はサークルも買い手さんも慌ただしいので仕方ないのですが、一言「面白かったです」とか「読みました」だけでも嬉しいです。
熱い感想を下さる方は大体お手紙やメールですね。