ぼっち系腐女子の場合 - かえで

テーマが「腐女子のコミュニケーション」とのことなのですが、まず前提として私は友達がいません!ほとんどが同じ学校だった(少ない)友達しかいなくてネット経由やイベントなどで知り合った友達とかほとんどいない(でもゼロじゃない!やったね!!)とかそんなコミュニケーション不全の私がコミュニケーションとか語っていいのか不安なんですけど、書いていいですよと言われたので書いてみることにします。いいのか……。

私は腐女子に分類されるんだと思うんですけど、割といつもぼっちで腐女子の輪とかあんまり入ったことないのでよくわからないですね……。常にスタンドプレー……。女子ネットワークな感じなのでしょうか。同調するとテンションが上がってキャッキャウフフでみんなで一緒に色んな事やっちゃうみたいな……。そういうキラキラした感じの……?
よくわからないのでまず、1人の女の残念なケースとして、どういったコミュニケーションを経てここまで来たかをちょっと振り返ってみますね。

《99年〜02年くらい》

まず小学校高学年くらいからテイルズにハマって、オタク系雑誌をぱらぱらと読むようになり、また声優さんに興味を持ち始めたりなんかして。
小~中学校では周りにオタクな友達がいなかったので、ひたすら雑誌から知識を得てました。ネットはぼちぼち普及しはじめた頃だったけどパソコンがなかったんですよね。
当当時一番よく買っていたのが『Find Out』という雑誌でした。この作品好きな人友達になりませんか!なんて形で文通相手を募集していたり、同人誌の通販とか、ペーパー交換しませんかとか、そういう今ネットでやっているようなことを雑誌を通して行なっていました。余談ですが今考えてみれば個人情報が掲載されまくってて、ゆるい時代だったんだなあと思います。
雑誌から即売会やBLや二次創作の存在を知り、受け攻めの意味を覚え……。基本的なオタク知識はこの頃に身についたと思います。でも文通相手募集とかなんとなく怖気づいて結局応募しませんでしたね。一方的なディスコミュニケイション!オンリーイベントにも出たりしたけどひたすら俯いていたので、誰にも話しかけられずに1日が終了したという黒歴史を、今不意に思い出してしまってちょっと泣いています。