新刊情報

ジャンル お察しください系ガールズZINE
特集 腐・コミュニケーション
仕様 B5/104ページ
会場価格 1000円
発売日 2012年11月18日
ブース COMITIA102 - O31b
  第15回文学フリマ - オ39

腐女子がつくるコミュニティは、まるで「部活」のよう。
気がついたら入りたくなっていて、入ってみるとするとすでに先輩がいたりして(マイナーだといない場合もある)、ずっと所属してるとだんだん後輩が増えて、辞めるときはちょっと気まずくて、その後の人間関係を気にしないといけなくて。腐女子にとっては、「同人活動」それ自体がコミュニケーションツールとなのかもしれません。ただ単に「作品を作って発表する場」というだけではなく、まるで「部活」のように、「コミュニケーション」が必要になってくるのです。
昭和生まれから平成生まれまで、様々な年齢の人間がひしめきあい、職業や居住地域など、属性の異なる人間が一堂に会し、繋がりを持つ場。属性を乗り越え、ただ「好きなもの」を通して集まるそれ。
腐女子にとって、同人活動を通したコミュニケーションとはどのようなものなのか。
たくさんのひとの、話を聞いてみるところからはじめたいと思います。